大漁、異漁。耀

タイトルは タトゥーのようなもの

ケビン・コルシュ&デニス・ウィドマイヤー監督映画

ペット・セメタリー(字幕版)

リメイクされた『ペット・セメタリー』(2019)、出演はジェイソン・クラーク、エイミー・サイメッツ、ジョン・リスゴー、アリッサ・レヴィン、ジェテ・ローレンス。

スティーヴン・キング原作の、民話的古典。「忠告」や「禁忌」を越えてしまう物語。

恐怖によって、主要人物それぞれの心の傷が強化される。過去の亡霊におびやかされる。内なる邪悪であろう。

今作でよみがえるのは赤ん坊でなく少女。これまでよりもいっそう過去を突きつけてくることとなる。

恐怖との向きあいかたがどんどん変わっているからこそ、ブラッシュアップして古典をのこしていく必要もある。すこしスタイリッシュな『ペット・セメタリー』。

時間をかけて克服する。そういうことを直に説いているわけではないが、その必要性を感受できる。追われるばかりが人生ではない。