大漁、異漁。耀

タイトルは タトゥーのようなもの

「物理学者でありながら、罪に染まらず」

フリードリヒ・デュレンマット原作『物理学者たち』(ワタナベエンターテインメント Diverse Theater)観る。上演時間2時間10分。

舞台は「桜の園」という名の、いまは精神病患者の施設となったサナトリウム

自称ニュートン、自称アインシュタイン、殺害、物理学者とあらすじの印象はややこしいけれど、ノゾエ征爾の演出とみごとに刈りこまれた上演台本により観劇中、つぎつぎ興味が湧いてくる。

物語のはじまりは、看護師殺害の現場検証から。先日は自称ニュートンが女性看護師を絞殺し、きょうは自称アインシュタインが女性看護師を絞殺した。警部はいらいらしている。

警部に坪倉由幸、看護師長のマルタに吉本菜穂子ストップモーションで幕が開き、吉本菜穂子の表情でもう可笑しい。いびつな人物たちによる西洋的な喜劇だと判る。「出口なし」の「授業」だ。過度なメイクこそないものの、翻訳劇の旨いのがでてくるぞと期待が膨らむ。

吉本菜穂子の演技に、客席のどこかの子どもが笑う。坪倉由幸は熱演。真ッ直ぐだから、温水洋一(通称ニュートン)や草刈民代(院長)らの出方次第で対応を変えられる。

中山祐一朗(通称アインシュタイン)はいかにも現代演劇。後景に下がっても表情をつくる。シリアスである。もっと誇張し、ふざけた中山祐一朗をいつかどこかで観たいともおもっている。

この物語の主要人物であるメービウス(入江雅人)がでてくるまでにはまだすこし間がある。患者として15年もここにいるメービウスと離婚したリーナと、再婚相手の宣教師オスカー・ローゼ。リーナとメービウスのあいだにできた三人の子たちの来訪だ。

リーナ役の川上友里が情の濃い怪演をする。押しつけがましいようでいて、とつぜん引いたりするのも上手い。合いの手を入れる夫オスカーにはノゾエ征爾。「太平洋です」とか「世界でいちばん美味しいチョコレートです」といったみじかい台詞で笑わせる、腕の確かな演出家なのだ。

メービウスの入江雅人が非常に良かった。メービウスの物語をずっと観ていたい気持ちだった。当然にメビウスの輪をおもいえがかせる名であり、人生はにがい。そのにがい人生を抱えながら他の「物理学者」たちを説得する。クライマックスまではおとぎ話の美しさ。入江雅人に課せられたものはおおきく、それによく応えてもいる。

メービウスを看護するモーニカを演じた瀬戸さおりは堂々として情熱的で、もっと広い劇場でも行ける。

ほかに竹口龍茶、花戸祐介、鈴木真之介。

 

デュレンマットの文字通り二転三転する展開は登場人物全員に決着をつけて素晴らしい。

原作にあるのか、上演台本で付け足されたのか、さいごのばめんは悲しくもあるが晴れ晴れと。兎に角も救われた。観客たちは。

「先生は、おれがいなくても嘘を見抜けるんじゃないですか?」

『准教授・高槻彰良の推察』第4話。

微熱で寝込んでいる深町尚哉(神宮寺勇太)。夢うつつに、不吉な祭りの太鼓の響きと、訪問者の玄関を叩く音が混じる。真ッ直ぐな演出。台本。気持ちがいい。

看病にやってきたのはもちろん高槻で、持参のアイスクリームが溶けている。

「ごめん、途中で道に迷っちゃったからさ」「何時間、迷ったんですか?」「んー、2時間?」(ト嘘をついていることが尚哉には判る歪んだ声)「3時間以上ですね? ……散らかってますけど、どうぞ」

浮き浮きと上がり、お粥などつくりだす高槻を演じる伊野尾慧の後ろ姿に男性的な身長をあらためてみる。神宮寺勇太のほうが背は高いはずだけれどもドラマではそれをかんじさせない。お粥でフラッシュバックするのは『グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ』の「濃厚なおじや」だったりして、今回の准教授・高槻、序盤ですでに溢れる。

台本、演出、俳優のすべてが良くて、何度観ても飽きない。不出来ゆえのハラハラということがないから流しっぱなしにしておける。こういう、沁みこんでくるドラマは嬉しい。

 

撮影現場の幽霊のこと。

幽霊は昔から、文芸や芸術の世界で好まれた題材です。幽霊とは「しんだひと」の魂、つまり幽霊には生前の名前や事情があったはず。いまでも、お岩さんは顔が腫れ、お菊さんは皿をかぞえる姿でえがかれていますよね。

ところが、幽霊話が増えるにつれ、幽霊の生前の情報は重要ではなくなった。近世期、幽霊を題材とした絵画作品が多くえがかれました。そのほとんどが、「誰々の幽霊」ではなく単に「幽霊」なんです。その結果として起こったのは、見た目の類型化です。その類型化が、現代ではさらに進みました。おもにJホラーの影響。結果、本来さまざまな姿であるはずの幽霊が、たいてい白い服で長い髪の姿になってしまった。そしてこの撮影現場で目撃された幽霊のすべても白い服で長い髪の女性……。

幽霊話をでっちあげるにしては、つくりが甘いですよ。

〈そうだ私 いつもその2つに分けてた 老と若 世界はその2つしかないみたいに〉

49歳、秘湯ひとり旅 (ソノラマ+コミックス)

松本英子のエッセイ漫画『49歳、秘湯ひとり旅』を堪能。どんなフィクションにも書き手の実体験を伴ったリアリティは入りこんでいるだろうけど、そのうえで作家が透明になろうとするエンタメ指向もあり、エッセイでそれをやれば「ただのレポ」になってしまう。『49歳、秘湯ひとり旅』はひとり旅する「私」が自身の深いところに触れようとして、ところどころ重たい読み心地。すごく昂ぶる。

事物は精密。名産、土産物には好意的。他への優しさは身についたがじぶんのからだは衰えた。

そうだよなあ 間もなく初老に突入だものな 中年ですらなくなる

人生も大半が過ぎた

露天の景色。視界がひらけた瞬間の、心身の開放感。松本英子の描写は凄い。

私 思ってたの

こんな山奥の果ての むき出しの岩肌に囲まれて

裸を さらしたら

いつもひとりでいるのが好きな私も

内側に潜んでいるであろう荒涼を

ついにまざまざ感じだすんじゃないか――

旅は途中から、孤独というものが欠如した「私」の内奥を目ざしもする。

さみしさとどのように向きあうのか。どきどきしながら読んだ。

(出た…! 粉もんになると出てくる奉行おかずちゃん…!)

広告会社、男子寮のおかずくん(7)【電子限定かきおろし付】 (クロフネコミックス)

オトクニ『広告会社、男子寮のおかずくん』第7巻。完結。

あたたかくって、品がある。大阪弁の小説を読んでいるようで好きだった。

 

おまけの4コマパートにでてくる「たこせん」大阪のそれは「えびせんにたこ焼きをはさんだやつ」で、「想像どおりの味だ〜!」「せやろ」なんて会話が佳い。

エピローグも、しっかりある。

「きみはもう、ここの人間だよ。ここのコーヒーを飲んだだろ」

TVLIFE首都圏版 2021年 8/6 号 [雑誌]

ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』、びっくりするくらいおもしろい。

いくつもの挿話を並走させぬシンプルな語りゆえに、原作小説からのコミカライズ、さらにドラマ化という整理、洗練が意味をもつ。佳く刈りこまれている。

「TV LIFE」伊野尾慧の「神宮寺君のことも『かわいいな』『チューぐらいしてもいいかな』とか思ったり」なんて、ただのサービス精神でしょうと警戒していたら、伊野尾演じる高槻と深町尚哉(神宮寺勇太)、なかなかのバディだった。

民俗学をあつかっているのも好みで、話をあつめるほどに遠ざかる怪異。しかしフィクションだから主演助演は怪異を蔵する。

伊野尾慧の声を聴いてるうちにドラマがはじまり、解決する。声にもっていかれるドラマは、久しぶり。

「ナイフを落とすと『男』が現れる スプーンだと『女』が フォークだと『男でも女でもない』だろう」

恐怖ノ黒洋館(字幕版)

ロドリゴ・グディノ監督『恐怖ノ黒洋館』(2012)。82分。原題は「The Last Will and Testament of Rosalind Leigh」――ロザリンド・リーの遺言。

老女ロザリンド・リーのモノローグではじまる。この女性がこの世を去っていることは、すぐにわかる。息子のレオンが、母の空き家にやってくる。

レオンは母と父を亡くした。新興宗教集団自殺で。レオンだけは逃げた。生き延びた。

母の家は宗教観と死生観によってあつめられた奇妙な調度に満ちている。そこでなにかを視る、ということがえがかれはするのだけれど、マイナーな映画ではあるし、ラストまできちんと視聴しての感想もすくないからネタバレをすると「なにも起こらなかった物語」。ロザリンドという死者が独り、屋敷で悔いている話だった。

レオンはこの家にもどってきていないし、怪異に遭遇したり、調度品を売り払ったりもしていない。「そんなことを夢見もしたけれど、おまえは二度ともどってこなかった」という、にがくくるしい死者の一人称。これは親不孝者にはこたえる。観ていてつらい。

いわゆるホラーとしての、男性主人公の探索や、恋人らしき異性の存在もすべて老女の夢想なのだ。それを踏まえて観たほうが、この作品の価値はくっきりと、かがやくのではないか。

「特別だが、レオンに対して好意的でない像」など、ところどころにきらきらしたセリフやイメージが表れるけれど、それらを賞味するのは母の孤独を呑み干したあとのこと。

情念がほぐれる。神は居る。

シルク博物館に寄ってから、とりふね舞踏舎『サイ Sai 踊るべき人は踊り、歌うべき人は歌え』。

ずいぶん前に足をはこんだときよりも、いくらか観る眼が養えていた。上演時間90分が、あっという間に経つ。

立ちどまること、うずくまること――身体的な凝縮、緊張、静止のリズム。これを観に来た、と冒頭で胸がいっぱいに。つづくばめんは暗転ののち。舞台中央に、ピンポン玉を銜えた三人の老い。ながいこと無音。これは凄い、と観ていたらなんと音響トラブルで、仕切り直し。

ここで一寸、焦(い)れていたのが落ち着いた。深読みせずに舞踏の透明度へ近づいていく。

社会や、日常を離れた白塗りの肉体。この非日常性はほかのかたちで表現し得ぬ。たとえば過激な性戯というのも日常に属し、社会のなかで覗き見可能なものだから、かんたんに政治利用できる。しがらみのない身体を束の間生むのが舞踏である。

 

主宰、三上賀代。客演には演劇実験室◎万有引力の高田恵篤、森ようこ、三好嘉武人、内山日奈加。

かつては万有を目当てにとりふねを観たりもしたけれど、このたびは万有(『青森県のせむし男』)で気持ちをつくってとりふねに備えた。表現の非言語的な側面がだんだんわかるようになってきた。

外部の出演者には大駱駝艦出身の若林淳も。

 

ピンポン玉のばめんのあとは二人の若い踊り手。内山日奈加と五月女侑希だろうか。ケレンのない可憐。とりふねは衣裳の染めも好い。

転じて、若林淳の衣裳は鮮やか。「伸縮する鉱物」のような踊り。凶凶しくも優しい鬼。

構成・演出・振付は三上宥起夫。磔刑がプロペラになり、タイピングが風になる。