大漁、異漁。耀

タイトルは タトゥーのようなもの

「これが九ヵ月前なら、わたしだって彼女の経歴に怪しい点があると言ったかもしれない……」

グレアム・グリーン原作の舞台『叔母との旅』。観るまえから涙があふれ、終演後にはボロ泣き。抑えられない。

映画でいうと『シラノ・ド・ベルジュラック』(1990)や『アマデウス』(1984)のような、堂々たる「告白」の物語。あるいは「告白」へと近づいていくサスペンス。語り手であるヘンリーの「成長」など大した問題ではない。

脚色は、ジャイルズ・ハヴァガル。今回の加藤健一事務所版は加藤健一、天宮良清水明彦、加藤義宗。

もとは小説、一人称の語りだから「わたし」=ヘンリー・プリングを交代で演じるのは自然。そのうえでそれぞれのメインは加藤健一がオーガスタ叔母さん、天宮良が父のリチャード・プリング、オトゥール。

清水明彦はワーズワース、ミスター・ヴィスコンティ。加藤義宗は小道具を管理したり、終盤のヘンリーを演じたりなど。

いろんな事物が去来する。蓮實重彦夏目漱石論』で指摘される「占い師」や、安岡章太郎志賀直哉私論』の「出生の秘密」。小説とは、私小説とは、自然主義とは、アメリカとは、イギリスとは、イタリアとは、南米とは、とグレアム・グリーンの小説の国際性からさまざまなせかいが想起された。

フィクションというのは現実世界で失敗ったことの「やりなおし」でもあるが、一度きりのものとしてアクセルをふかしたさきの「延長戦」を目の当たりにすることでもあると、つくづく。

危険をかえりみぬ好奇心。小説からの引用になるがオーガスタ叔母さんの「わたしは無神経な人が好きなの。わたしを必要とする男なんか全然ほしくないんですよ」という科白は佳い。

 

五十代の男が、七十代の身内と世界を旅する。それじたいが叶えがたい夢のようでもあるし、年上に引っぱられるかたちで、というところにも作り話めいた旺盛な欲動がある。

いつかだれかとこんなふうに生きることができるだろうか。それとももう、生きたのだろうか。

 

「ここはリーザ。チェルノブイリとおなじくらい退屈なところだ」

相撲取りブルーノ

2000年の映画『相撲取りブルーノ』(Sumo Bruno)。前年にドイツのリーザで開催された第8回世界相撲選手権大会の熱がさめないうちにつくられた物語。

主人公のブルーノは失業中の内気な巨漢。ジョン・ベルーシよりもMr. ビーンに似た印象。

朝から泡風呂に浸かる30歳の誕生日、やってきたのは執行官のクルトだ。ブルーノには借金がある。いずれは電気も止められる。

そんな誕生日の夜、友人カレに連れられてしぶしぶ行ったクラブでヒロインのアナと出逢った。クラブのイベントとして相撲もここで経験した。

アナは、クラブやスポーツジムを仕切るラッキーと暮らしている。ラッキーはマッチョで横暴。アナの連れ子の、ティムにも愛情を注がない。ダンサーを夢みるアナに「おまえは三流だ。おれのおかげで生きていられる」と言ったりもする……。

登場人物たちがリアルで、観ていると反省を強いられる。カレには山師みたいなところがある。相撲をおしえる明石は理念が先行する。

ブルーノに「苦しみの海を泳ぐことになるぞ。相撲取りのように考え、相撲取りのように呼吸し、相撲取りのように眠り、相撲取りのように生きるんだ。おまえには戦士の魂があるか? 侍の魂が?」と。

皆が弱点だらけであるし、町の笑い者になっているとブルーノはかんがえている。ブルーのには野心や妄想が足りない。だから成長譚としては一進一退。恋は成就するのか、さいごに優勝するかどうかも、観ていると不安になる。こちらがかってにサスペンスをかんじてしまう絶妙なキャスティングだった。ブルーノよりもおおきな選手が登場するのも凄い。

『ロッキー』の看板がでてくる。ブルーノは比較もされる。それはブルーノ本位のものでない。一方アナはあこがれのフレッド・アステアを引用し、挿話を披露する。

行動力の差を上手に描き分けていた。

ニンジャバットマン ザ・ショー

ニンジャバットマン ザ・ショー』観る。演出/構成は梅棒の塩野拓矢。構成・文化監修、音楽監督にHANZO。ダンスとラップ、HIP HOP な要素多めの2.5次元

予習が必須というよりも、アニメ『ニンジャバットマン』の復習になりそうな。台詞すくなく敷居は高い。

キャットウーマン(平野茜子)とレッドロビン(西原竜平)がずいぶん良かった。パフォーマンス、体技、シルエット。コスチュームが映えているし、客席を見る余裕もある。

そしてレッドフード(弥圓佐助)。ふだんは棒手裏剣を操るリアル忍者だ。高いところからの着地音一つとっても綺麗で、ショーの配信も視聴したけれど、跳躍の振動はさすがに生でしか得られない。すべてのうごきが愛しかった。

 

歌と踊りと殺陣と殺陣。ゴリラ・グロッドが登場するまで物語は追いづらい。終盤はみごと。敵城の、異なる階層での同時バトル。プロジェクションマッピングが上方、下方にグンと移動する。ジョーカー(細川洪)のナマの笑い声が入る。この辺りの、観客の耳目を惹く演出が序盤にもあればとおもう。やや慎重につくり過ぎたか。

 

観たのは4チームのなかの「闇」の部、「五常」、「弥」。高澤礁太(バットマン)、藤田笑美(ハーレイ・クイン)。N0NAMEの水江星良。竹廣隼人。Protecter 。村岡太平。

孤独とあこがれと

リザとキツネと恋する死者たち(字幕版)

『リザとキツネと恋する死者たち』(2014)。

舞台はハンガリー。日本の歌謡曲を好きな女と、フィンランド歌謡を愛する男。どちらもすこしはみだしている。

女の名は、リザ(モーニカ・バルシャイ)。愛読する日本の小説のヒロインのように、30歳になればハンバーガーショップで恋がはじまると夢想している。

リザのイマジナリーフレンドであるかのような顔をしているトミー谷(デヴィッド・サクライ)はじつは死神で、リザに懸想し、離れたくない。リザに近づく男を片っぱしからころしていく。それでリザは警察から目をつけられる。

あたらしい人物が登場するや「死者」とおおきくテロップされて可笑しい。この文字を打っているのはトミー谷かもしれない。

周囲から変わり者だとおもわれている巡査ゾルタン(サボルチ・ベデ・ファゼカシュ)は、住むところなく、リザが相続した屋敷に間借りすることとなる。トミー谷が引き起こす「事故」がたびかさなるも、ゾルタンは怪我をするだけ。観ていてキュンとする。ゾルタンは無口だし、大袈裟なところがない。リザ、はやくゾルタンの優しさに気づいてとおもうが、リザはドラマのような出会いをもとめて死者を増やしてばかりいる。

リザはじぶんが九尾の狐(日本国。栃木県、那須)なのではないかとかんがえる。あいてをとりころし、愛を得ることができない。その呪縛を解いてくれるのがゾルタンだろう。

どのみちひとはしぬ。けれどそれはけっこう先のことかもしれないという、お話。

ハッピーエンドのあとも人生はつづく。

地に足のついたストーリーテリング

王様になれ

 

オクイシュージ脚本、監督『王様になれ』(2019)。原案は山中さわおthe pillows 30周年記念映画。

 

若いときに賞こそ獲ったもののなかなか目がでない写真家志望の神津祐介(岡山天音)、27歳。叔父(オクイシュージ)のラーメン屋で働いている。

祐介が出逢うのは劇団を休みがちなワケありの藤沢ユカリ(後東ようこ)、29歳。二人の年齢も、相談相手が叔父なのも巧い。

父はしんでいる。父の遺影には、入江雅人。祐介の勤め先に村杉蝉之介奥村佳恵。被写体に平田敦子。隣人に野口かおる。演劇寄りのキャスティングで、すこし変だがリアリティある人物たちを印象ぶかく。

物語は、若者の一時的な挫折でテンポをわるくすることなく、流麗。岡山天音、後東ようこも凄いし、ライバルの岩井拳士朗もイケてる若手ふうで良かったが、岡田義徳が厳しくも包容力ある先輩カメラマンとして出色。本人役の山中さわおもきちんと厳しいが優しくて甘い。

この世界には、こういう先輩がいる。オクイシュージ演じる叔父さんも親身である。大人たちはあんがい味方だ。台詞にでてくる「必然」は、「奇跡」という嘘よりも確かなもの。それを信じさせてくれるのが、ライブハウスや舞台の「汗」なのかもしれない。

そのうえで汗を礼讃するような泥臭さ、青臭さがない。感心しているうちに感動して、呑みこまれた。

「情熱をうしなったというよりは、情熱を理想化して、凍りつかせてしまったと言ったほうがいいのかもしれない」

ケムリ研究室no.2 『砂の女』(シアタートラム)。主演は緒川たまき仲村トオル。ほかにオクイシュージ、武谷公雄、吉増裕士、廣川三憲。声(とシルエット)、町田マリー。音楽・演奏、上野洋子

原作は安部公房の小説。濃密かつ映像的な世界がみごと演劇に移された。上演台本、演出はケラリーノ・サンドロヴィッチ

 

砂丘に一軒一軒が埋もれたような村落に迷いこんだ男。移動手段を失くし、ほんの一泊のつもりが終わりのない砂掻きに従事せざるを得なくなる。昆虫採集という男の趣味や芸術的な感覚が、ひととの暮らし、生活に呑まれていく物語。

男には妻がいた。かるい冗談のつもりで失踪の書き置きをのこし家をでた。だからどこかに蒸発の欲望はあったし、他人との暮らしなんかまっぴらだと厭世の気持ちもあったはず。ところが別の女とならば、あつめた蝶を焼き捨てて、生活できてしまう。

結末がただの絶望でないことは確かだけれど、男が、砂の女との暮らしをえらんだのはたまたまだったかもしれない。人生は一度きりだから。不器用な行為、誤った選択をしたりもする。それを悔いてどこかで修正しようとねがう。これまでの暮らしにまちがったところがあった。あいてと共に心身を巻き戻していくのはむずかしい。そんな折に砂丘の村落に着き、砂の女と出遭った。

派手な、魔性の女というわけではない。華でなく、純粋に女が匂う。無防備なようで、男の探すハンミョウの狡猾さをかんじさせもするが、欲はすくない。男は蝶を捨てたのだから、女に虫をかさねるべきではないだろう。砂とかさねるのも安易だ。

生活に紛れて年齢不詳の女が魅力的だった。ケラリーノ・サンドロヴィッチの演出と、緒川たまきの演技。泣き笑いの表情。

男が言う「猿みたいな暮らし」。そんな男は妻から「精神の性病患者」と批難されていた。仲村トオル演じる男は粗暴なようでもあるが、それゆえに物語は展開する。

安部公房『友達』

配信、シス・カンパニー『友達』(新国立劇場・小劇場)。安部公房原作の、典型的な不条理劇。《疎外》をかんじている孤独な青年の部屋を、まったく面識のない大家族が訪れ、住みつく。監視と監禁。ドラマの密室性を高めるためには部活や会社などよりも都合が良いということ。そこが青年の住居かどうかは、大した問題でない。

青年の奥深くにあった閉塞感が闖入者達の存在で増すか、減るか。

おかしなかたちだったとしてもそこには出会いがあり、選択も生まれる。たとえば性愛。男が女に絡めとられていくのも安部公房らしい展開で、趣味や思想といった革命的ななにかは《生活》に敗北する。

《生活》の勝利を悲劇と呼ぶのは厄介なことだ。だから《喜劇》的なアプローチがあるはずなのだけれど、さほど笑える演出にはなっていない。演出・上演台本の加藤拓也は悲劇寄り。問題提起型。まだ若い。

山崎一キムラ緑子浅野和之林遣都有村架純。岩男海史に大窪人衛。鷲尾真知子、内藤裕志。主演は鈴木浩介。キャスティング凄い。

ほかに富山えり子伊原六花西尾まり、長友郁真、手塚祐介。多士済済なれど上演時間90分。