大漁、異漁。耀

タイトルは タトゥーのようなもの

根本豊による『五月の鷹』。以来の、

夢精して目が覚めた。万有引力こわい。春風亭一之輔の『鼠穴』(「落語ディーパー」)聴いて、スズナリに行く。席に着くと舞台では高田恵篤が首に縄を巻いていた。『鼠穴』もそんな話だ。『鼠穴』の主人公は若いが、リア王みたいなものだ。なにもかもうしなってしまうのだ。

予算は半減しているはずなのに、万有引力のプログラムは二本、いや「√何か面白いことはないかと劇場に出かける 『眼球譚または迷宮する劇』」のほうは日替わりだから何倍もの手数をだしてくる。

きょうは「《其の八》 舞動【TIMEWIND】」だった。『疱瘡譚』から一転して、台詞のすくない舞踏である。すごいものを観た。ベテラン俳優・高田恵篤の舞踏を目に焼きつける。〈釘づけにされた扉の中では、新しい世界がはじまっていたのだった〉(デフォー)──胎動。狼煙を上げたのだ。

『疱瘡譚』で《病気》はつよいものだった。《あたしはあなたの病気です》というわけだ。ところが『眼球譚または迷宮する劇』では《病気》はよわいもの、弱者としてあつかわれる。病気でしかない病気は虐げられる。皆が酒を愉しむバーで《病気》は邪険にされる。

「自己軟禁の男」や「箱男」のような在りかたが、この『迷宮する劇』では「かたつむり」として再解釈される。数すくない台詞に「かたつむりは神話的な意味を持っているのよ」云々というものがあるが、これを検索してみるとどうも大変に著名な作家の小説にそのくだりがあるらく、驚き呆れ、笑ってしまった。こういう大胆さ、俳味が演劇実験室◎万有引力だなあと嬉しい。

『疱瘡譚または伝染する劇』では密室が蔓延していくが、『眼球譚または迷宮する劇』中の舞踏においては病気も、俳優も、観客も《家出》を示唆される。ちいさなせかいで「ごっこあそび」にかまけるのはおしまいにしろと。つよく、ラディカルなものを受けとった。

科白のほとんどない舞踏ゆえ、演者はマスクをしておらず、それはそれは生ま生ましく美しく、さまざま識別でき、胸が高鳴る。

つぎの公演もぜったい観ようとおもわせる。未来を約束してくれる。それが中毒性というものだ。きちんと若手が育っていることにも感動する。

魔痢子「何もかも、妄想なのです」

最後に生き残った者たちは激昂し、それまでは従順で高潔だった息子が父を殺す。禁欲家は近親者たちの肛門を掘る。淫蕩な者は純粋になる。守銭奴は金貨を鷲づかみにして窓から投げ捨てる。戦争の英雄はかつて命がけで救った町を焼き払う。上品な者は着飾って死体捨て場の上を歩きまわりに行く。

 

  アントナン・アルトー「演劇とペスト」

演劇実験室◎万有引力「√何か面白いことはないかと劇場に出かける 『疱瘡譚または伝染する劇』」を観る。【言語】寺山修司 【演出・音楽】J・A・シーザー 【共同演出】高田恵篤 小林桂太。

 

寺山修司『疫病流行記』とアントナン・アルトー『演劇とその分身』(なかでも「演劇とペスト」)の画になるところを抽出して、60分ほどの作品にした。いま、おおきなものはつくれないし、つくる意味もないだろう。観客を2時間拘束することの不利益だってある。サイズとしてはこれくらいを適当とみるべきだろう。

テープレコーダーとの対話は『奴婢訓』をおもわせた。引用。全貌をあらわさぬ影の侵入。片鱗も劇であり、逸脱は愛しいが、そういうムダやアソビを詰めこみつつなんとか60分に抑えたようだ。

イデアがこちらを覗き見る舞台装置に満ちていながら、どことなく素舞台の印象があったのは、ザ・スズナリの板張舞台のせいばかりではないだろう。小道具がすくない。色としては黒と赤の使用も極めて限定的である。俳優はさまざまなマスクをつけている。観客は皆、衝立(ついたて)によって孤立して、舞台に呑まれそうで呑まれない。一寸稽古場にいる気もした。稽古場の息づかい。それはそれで肯定できるものである。

記憶の伝染、楕円の錐体

入場時の検温・消毒が無言で行われるのが万有引力らしくて良かった。紗幕を用いた演出、映像、書物の引用はポップだった。俳優悉く色っぽかった。

『疫病流行記』にはデフォーのエピグラム。それももちろん照射された。〈疫病患者の出た家の扉は、すべて釘づけにされた。そして釘づけにされた扉の中では、新しい世界がはじまっていたのだった〉

帰ってセックスして寝た。

真夏の少年 金の夜

ちっこいMyojo 2020年 09 月号 [雑誌] (Myojo(ミョージョー) 増刊)

Myojo (ミョージョー) 2020年9月号 [雑誌]

予告された『ちっこいMyojo』の表紙の衝撃。2020年9月号の『Myojo』表紙は 少年。

佐藤龍我が愛しくてならぬ。骨格、体軀がしっかりしてきたいまも「かわいい」とか「きれい」といった観念を抱えているところ。きちんとアイドルしながらも自然とはみでるおとこの子のたましい。佐藤龍我はよく笑うが、それはアイドルとして分をわきまえたようなあいまいなものでなくて、破顔。あちらこちらで見るたび心臓が崩れていく。

 

ペットの俺はひと言でいうと、甘えんぼう! ちゃんと言うことも聞くし留守番もできるけど、かまってもらうためのイタズラはやると思う(笑)。そのときに「はいはい」ってあしらったり無視するのはダメ!

〈自分だけの時間はなくてもいいって思うから、マイペースなネコよりは犬だろうな〉というコメントで初めて犬と猫のちがいがわかったような気がしたから、ずいぶんぼんやり生きてきたわけだ。

いろんなにんげんと暮らしてきたけれど、たいてい《自分だけの時間はなくてもいい》という気質だった。それの一寸怖いところは、《あいての時間もなくてもいい》といった蕩尽の思想にあって、がぶがぶと自他の時間を呑んでしまう。そうやって時間と、時間に付随するカネを喪失していくのが異様な快感でもあり、かれらと過ごすことの、メリットとも言えないようなメリットだった。

そんなことをかんがえている間に、佐藤龍我は展開する。

〈人間の俺はデカくて大型犬っぽいけど、本当は小さくてかわいいのがいい(笑)〉

そうだったのか。

〈本だけが、この世のすべてではなかった。金だけが人の幸せを作るのではなかった〉  出久根達郎

逢わばや見ばや (講談社文庫)

私は十五歳、中学を卒業するとたった一人で上京した。昭和三十四年三月三十日、と日付を覚えているのは、翌日が私の誕生日だったからである。従って厳密には十四歳最後の日に上京したことになる。

出久根達郎『逢わばや見ばや』。エッセイふうに短く区切られているが、小説でありこれとは別に「完結編」もあるという。

集団就職のかたちで東京、月島にやってきた少年時代の出久根達郎。〈私の家は生活保護を受けていた〉

〈上京当日、私は初めて両親に就職の件をうちあけた。出立(しゅったつ)は数時間後だと告げると、両親は仰天した〉

 

行動力がある。それで笑い話のように披露される失敗がいくつもあるけれど、出久根少年は運も良いし、東京を楽しんだ。

東京の正月が珍しくて、私は上京して三年間は田舎に帰らなかった。

本当のことを言えば、酒の味を覚えたからである。

 

若気のすばらしさは、自分がやっていることを少しも馬鹿げたことだと思わないどころか、熱中して楽しんでいる。大層な事業をすすめているようなつもりである。

日比谷図書館で辞典を書写してみたり、井伏鱒二に意見するような手紙を送って、会いにも行く。三浦哲郎の家を訪う。

そういったことをおおきくも、ちいさくもなく書き記す。

私のいる店の近所に小さな町工場があって、昼休みになると、私と同い年ほどの男子工員が五、六人、塀に背をもたれて日なたぼっこをしているのだが、彼らを勧誘する党員の姿を何度も見た。しかし工員たちはまるで興味なさそうだった。能面のような表情で、誰もが、あらぬ方を見ているだけだった。若い女性が通りかかると、その時だけ、彼らの目が光った。

 

歌舞伎や落語、切手収集など夢中になったものの話も好い。歌舞伎は〈何よりも色彩の美しさに感動した。あでやかな色が、ゆったりと動くことに目を見はった〉。落語は、古今亭志ん生

〈強いて言うなら、色気がある。芸人の場合は、華、と言うのだろうか。足の運びが照れているようで、なんとも愛嬌がある〉

 

身近なひとたちのことも敬意をもって記す。まじめな回顧録だとおもう。

まわりに内緒で歌のコンクールに応募する静ちゃん、魚河岸で働いたあとに居合稽古に励む中島君、そのほかにも皆短文のなかで印象的にえがかれる。

カムカムミニキーナ『猿女のリレー』

さいしょのばめんは、個人書店。わけあって全焼する。大変だ。関係者の死や、失踪。えがかれるの時空を超えた「リレー」だ。

 

カムカムミニキーナ『猿女のリレー』。浅草九劇経由で、配信視聴した。

 

天照大御神の岩戸隠れ。そのまえで踊った「猿女」・俳優(ワザオギ)の系譜。これが飛鳥時代大海人皇子壬申の乱)、戦国時代(武田勝頼大久保長安)を経て現代へとつづいている。かれらをつなぎ、対話を可能とするのは黄泉の国というマジカルなばしょ。全焼した本屋の名は「比良坂書店」である。

失われた本はすべて店主のあたまに保存されている。しかし、ここに一度もなかっ「本」だってある。猿女たちが引き継いできた「本」なども。

かの女たちは濃厚接触をものともせず手から手へと「本」をリレーする。つまりは俳優たちの物語だから、感傷的なところもずいぶんある。観客や劇場を俯瞰、包括するような「舞台」の総合的なわくわくは台本に書きこまれていなかったとおもう。歴史をとりこんでいたが、先行する作品の引用はなかった。

とはいえそれはべつの劇団の仕事かもしれないし、観客を入れて劇場で上演したことがただただ凄い。

劇場の扉が開いた。つぎがある、ということだ。

佐藤龍我が夢にでてきた。

書く間がなくて、ここで佐藤龍我の話はできてないけど、だいぶ好きみたい。